お部屋探しを誠実に。笑顔を大切にします。
HOME
店舗案内
借りたい方
買いたい方
リフォーム
不動産投資
お問い合わせ/資料請求
採用情報
お部屋探しの流れ
お部屋の用語集
知っておきたい用語
不動産投資
不動産投資とは、毎月賃金収入のある一棟アパートや賃貸マンション、テナントビル等を購入して、その不動産の家賃収入から利益を得ることです。他の投資に比べて安全性が高く、長期的に安定した収入が確保できると考えられます。
メリット(1) 魅力の高利回り
銀行の預貯金では、超低金利で預けてても利子に期待できない。
証券や先物取引などで、大きなリスクのある投資先は避けたい。
そこで、アパート・マンション経営などの不動産投資は、毎月の家賃収入が安定収入へと繋がります。
利回り(年間家賃収入÷物件購入金額)は10%前後と、貯蓄やファンドなどに比べて、
安定した高利回りを期待できることが魅力です。
メリット(2) 相続税対策
相続税の軽減にも効果を発揮します。預貯金や有価証券の相続税評価は原則時価となりますが、不動産の場合は評価額で課税されることが一般的です。不動産で相続すると、建物は購入価格の50%程度、土地は公示価格の80%程度で評価されます。さらに賃貸経営を行うことで評価額をさらに下げることができるので、効果的な相続対策が講じられます。
メリット(3) 所得税の節税対策
税申告する際、マンションやアパートから得られる家賃収入は不動産所得として給与所得等とは別に申告をします。その時、家賃収入所得からローン金利、建物・設備の減価償却費、修繕費、火災保険などの必要経費が掛かります。家賃収入から必要経費を差し引き、赤字が生じた場合は損益通算として給与所得から差し引くことができます。源泉徴収されている所得税の還付や翌年の住民税の節税効果は高いと考えられます。
メリット(4) 年金・生命保険として
老後のことを考えると、現在の年金システムでは不安と感じられている方が多いようです。公的年金や企業年金プラスの収入源として、不動産投資は最適で豊かな老後が期待できると考えられます。
また、金融機関でローンを組む際、団体信用生命保険に加入します。万が一名義人が亡くなられた場合、その時のローン残高は保険により補填され、残された家族にはローン無の不動産が残り、そこから安定的な収入を得ることができます。
ホーム | お問い合わせ | 資料請求 | 会社概要 | プライバシーポリシー
Copyright © 2010 Iwill Fdosan. All Rights Reserved.